函館観光スポット

「函館観光スポット」の有益情報をお届け!

函館よいとこ♪ 何度もおいで〜♪

函館好き集まれ〜! 函館の観光と食の情報が満載だ〜!

2009年05月27日

函館元町教会群

ここ函館は、今が一番過ごしやすいいい時期です。

今日は、修学旅行生や観光客が必ず立ち寄る教会をご案内します。


函館山のふもと・・・元町(もとまち)。

ここには3つの宗派(カトリック、プロテスタント、ロシア正教会)の教会が並んでいます。
このように狭い地域に建てられていることは大変珍しいそうです。


<ハリストス正教会>

函館写真 015.jpg

函館の元町を象徴する、いや函館を代表する建物ですね。

名前のハリストスとはキリストのことで、江戸末期、ロシア主教ニコライによって日本で初めてロシア正教が伝導され、ロシアの領事館及び礼拝堂として建てられた教会です。
国の重要文化財に指定されていて、ロシア風ビザンチン様式の優美な建物です。
鐘の音が「がん、がん」と鳴るので、地元では通称「ガンガン寺」といわれます。


<聖ヨハネ教会>
函館写真 056.jpg

明治11年に建てられた英国国教会系統の教会です。
白い壁には十字架があしらわれており、上空から見ると十字の形をしたモダンな建物で、現在のものは昭和54年に中世ヨーロッパの建築様式を基に改築されたものです。



<カトリック元町教会>
函館写真 008.jpg

江戸末期にフランスの宣教師が
仮聖堂として建てた荘厳なゴシック建築の教会です。
安政6年に仮聖堂を建立、現在の建物は大正13年に完成。
祭壇は当時のローマ法王から贈られた日本唯一のものらしいです。

どこにでもある教会にも見えますが、函館の海、坂、石畳に非常にマッチしたロマンチックな感じがする。




この元町の協会群は、
函館に来たら、何が何でも立ち寄るべき場所のひとつですよ!


タグ:函館 元町 教会
posted at 21:14
Comment(0)
カテゴリー:函館観光スポット
エントリー:函館元町教会群
2009年05月28日

函館の夜景は・・・世界一!

今日は夜景でおなじみの 函館山 について・・・


標高は東京タワーより1m高い、334m。

牛が寝そべっている形に見えることから、昔は臥牛山(がぎゅうざん)と呼ばれていたんです。

山の頂上には展望台があり、そこからの景色が世界的にも有名ですね。

特に夕刻の日没前後が一番キレイです。


ちょっと前までは「100万ドルの夜景」といわれていましたが、

函館の夜景は香港よりすごいんだぞ!

ということで、公式には「世界一の夜景」とうたわれています。

函館夜景-3.jpg


函館山の頂上までの行き方は、ロープウエイ、観光バス、タクシー、一般車両、バイク、自転車、徒歩……とあらゆる方法で行けます。

ただし、展望台駐車場と混雑緩和のためもあって、一般車両とバイクは、夕方5時〜10時まで(一番夜景が奇麗に見られる時間帯ですね)は通行できなくなっています(車両規制)。

なので、この時間帯に展望台まで行くには、ロープウエイもしくは、バスやタクシーの営業車しか方法はありません。

自転車、徒歩は……夜は危ないのでやめましょう!
というか、警備員さんにダメ出しされると思います(笑)


<ロープウエイ>
最大125人まで乗れる大型のモノで、片道3分ほどの短い旅です。
往復で1,160円(H21年現在)。
通常は10分間隔、繁忙期は5分間隔での運行です。

夏休み時期は、5分間隔といってもズラ〜と列ができています……
パッと見は、1時間待ちかな?と思われるほどですが、さすが125人乗り・・・
思ったほど待ち時間はありません。

ただ、展望台の混雑は半端じゃありませんので、スリにはご注意を!

函館写真 029.jpg


<バス・タクシー>
バスは、函館駅前や各主要なホテル前から出ています。料金は載る場所によって若干違います。

タクシーは、運転手さんが親切に解説してくれたり、展望台では写真も撮ってくれる方が多いです。基本的には往復で5千円くらいですかね?......

ただ、函館山の場合は、写真撮影などのサービスも含まれたりするので“言い値”の場合が多いです。
3〜4人で行くならいいかも!


<一般車両・バイク>
17時〜22時以外の時間は、一般の車もOKです。
規制時間内は駐車場に止めてロープウエイで行った方が便利です。

22時から一般車両が通行可となることから、21時過ぎになると、地元の若い衆が車の列をつくりはじめるんですよ・・・地元人もやっぱり夜景が好き!


<自転車・徒歩>
明るいうち限定! 危ないですから……

函館市内の幼稚園や小学校は、遠足で函館山へ必ず登ります。

ちゃんと散策用の登山コースがあるんです。

自転車で登る方もいます(私も中学の時登りました)が、こちらは車と同じ道路を走りますので、明るいうちだけにしましょう!



函館山はそれ程高くないので、ちょうどよい散策コースになります。

キタキツネリスアカゲラ(カッコー種)も生息していますので、運がよければ遭遇できますよ。

でも、キツネにはエキノコックス等の寄生虫がいますので触らないようにしましょう!

雪が降ったら、車は完全通行止めになります。
だから、冬の函館山はロープウエイしか手段はありません。



函館山から見える景色は、
前面に函館市全域、左に松前方面、右に恵山方面、後ろに青森方面が拡がっています。

ただし、この景色・・・ケッコー勘違いされている方も多いんです もうやだ〜(悲しい顔)

函館山からは札幌のほうまで見ることはできませんよ〜!

 → 函館山からの景色って実は・・・


今日も最後まで読んでくれて
ありがとうございました。
こちらもクリックして
応援してくださいな!
  ↓↓↓
人気ブログランキングへ





posted at 20:47
Comment(0)
カテゴリー:函館観光スポット
エントリー:函館の夜景は・・・世界一!
2009年05月30日

函館の坂道(その壱)〜あなたは何個知ってます?

函館山の麓には、海に向かって下る幾筋もの坂道があります。


その道沿いには、明治末期から昭和初期にかけて建てられた教会や領事館、そして和洋折衷の商家などが数多く点在しています。

坂道散歩は、函館観光のはずせないポイントですね。

05280001.JPG 05280002.JPG


【八幡坂(はちまんざか)】
 函館八幡宮があったことから名付けられました。
 昔おじいちゃんとおばあちゃんが手をつないでスキップしていた
 チャーミーグリーンのCMで有名
 ・・・通称「チャーミーグリーンの坂」と呼ばれています。
八幡坂.jpg 
 

【魚見坂(うおみざか)】
 一番西にある坂道。魚群がよく見えたことから名付けられた。



【船見坂(ふなみざか)】
 港に出入りする船がよく見えたことから名付けられた。



【幸坂(さいわいざか)】
 幸町(現弁天町)の誕生に伴い名付けられた。



【千歳坂(ちとせざか)】
 近隣にあった神社の松の木(千歳松)にちなみ名付けられた。



【姿見坂(すがたみざか)】
 遊郭の女性たちの姿が見られたことから名付けられた。



【常盤坂(ときわざか)】
 坂の上にあった松の大木にちなんで名付けられた。



【弥生坂(やよいざか)】
 函館大火後に春のような繁栄を願って名付けられた。



【東坂(あずまざか)】
 当時の浄玄寺(現東本願寺別院)近くにあった通称「東の坂」の名残。



【基坂(もといざか)】
 函館の道づくりの基点となったことから名付けられた。
基坂.jpg

(つづく)

タグ:函館 坂道
2009年05月31日

函館の坂道(その弐)〜あなたは何個知ってます?

函館山の麓には、海に向かって下る幾筋もの坂道があります。


その道沿いには、明治末期から昭和初期にかけて建てられた教会や領事館、そして和洋折衷の商家などが数多く点在しています。

坂道散歩は、函館観光のはずせないポイントですね。

下の画像はクリックすると拡大しますよ。
05280003.JPG



【大三坂(だいさんざか)】
 坂で宿を営んでいた大三印義兵衛の名前にちなんで名付けられました。

大三坂.jpg


【チャチャ登り(ちゃちゃのぼり)】
 チャチャはアイヌ語でおじいさんの意味で、
 腰を曲げて登るほど急な坂道から名付けられたんです。



【日和坂(ひよりざか)】
 港を一望でき、空模様がよく判断できたことから名付けられました。



【谷地坂(やちざか)】
 遊興地として有名だった谷地頭に行く坂だったことから名付けられました。



【あさり坂(あさりざか)】
 あさりの貝殻が数多く発見されたことから名付けられました。



【南部坂(なんぶざか)】
 北方警備のために派遣された南部藩の陣屋から名付けられました。



【護国神社坂(ごこくじんじゃざか)】
 招魂社(現護国神社)に通じることから名付けられました。



【青柳坂(あおやぎざか)】
 青柳町へ向かう坂ということから名付けられました。



【二十間坂(にじゅっけんざか)】
 道幅が約二十間(約36メートル)あることから名付けられました。

二十間坂.jpg

楽しんでもらえたら
こちらもクリックしてくださいな!
 ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


タグ:函館 坂道
2009年06月25日

函館は“屋台村”も光ってる!

平成17年10月、函館駅から程近い場所に営業を始めた

「函館ひかりの屋台」・・・通称「大門横丁」


簡単に言うと、屋台村です。
1店舗あたり8席〜14席程度の屋台形式の集合体ですね。

でも、ここ函館の屋台村は、
関東以北では最大級の26店舗が営業しています。

大門横丁

大門横丁.jpg


屋台定番の焼き鳥から、ラーメン、中華料理、韓国料理、すし、ジンギスカン、海鮮炭焼き、おにぎりまで・・・


ここに行けば何でも食える!みたいな感じでしょうか。


基本は屋台なので、店主とカウンターを挟んで会話を楽しみながら美味しいものをいただく。

家庭料理(お袋の味)を提供しているお店もあるので、単身出張者には絶好の場所ですね。


詳しくはこちら ⇒ http://www.hakodate-tmo.com/yatai/index.html



昨日のお昼、大門横丁でラーメンを食べに行った時、今まであまり気にしていなかったものが目に入ったので写真とって来ました。

06240001.JPG


ここ函館は、「北海道初」のものがいっぱいあります。

ストーブ、コンクリート電柱などもそうですが、この「水道」もそうだったんですね。

写真をクリックすると拡大されますので、読んでみてください。


ではでは
今日はこの辺で 手(パー)



posted at 20:47
Comment(0)
カテゴリー:函館観光スポット
エントリー:函館は“屋台村”も光ってる!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。